このページの先頭です

INFORMATIONお知らせ

ここから本文です

ご契約サーバーのTLS1.2対応につきまして

2020年1月15日
アルファクリエイト株式会社
WEBソリューション部

Chrome、Firefox、Internet Explorer や Edge、Safari といった主要ブラウザを取り扱うGoogle、Mozilla、Microsoft、Apple の大手 4 社が主要ブラウザ製品でのTLS1.0および1.1のサポートを2020年に終了する方針を発表いたしました。

■各ブラウザの今後の方針

・Google Chrome
Google社は、2020年3月(予定)リリース予定のChrome 81において、TLS1.0および1.1のサポートを終了する予定を発表しております。
https://security.googleblog.com/2019/10/chrome-ui-for-deprecating-legacy-tls.html

・Mozilla Firefox
Mozillaは、2020年3月(予定)またはこれ以前に、FirefoxにおけるTLS1.0および1.1のサポートを終了する予定を発表しております。
https://blog.mozilla.org/security/2018/10/15/removing-old-versions-of-tls/

・Microsoft Edge
Microsoft社は、2020年上半期(予定)において、EdgeならびにInternet ExplorerにおけるTLS1.0および1.1のサポートを終了する予定を発表しております。
https://blogs.windows.com/msedgedev/2018/10/15/modernizing-tls-edge-ie11/

・Apple Safari
Apple社は、2020年3月(予定)またはこれ以降において、SafariにおけるTLS1.0および1.1のサポートを終了する予定を発表しております。
https://webkit.org/blog/8462/deprecation-of-legacy-tls-1-0-and-1-1-versions/

TLS 1.0/1.1のみに対応しているウェブサーバーをご利用のサイトは、Chrome、Firefox、Internet Explorer や Edge、Safari といった主要ブラウザで順次閲覧できなくなります。
このため、ご契約サーバーつきましてTLS1.2に対応するためのメンテナンス作業を行います。
これにより、PHPやデータベースのバージョンが変更になるため弊社もしくは制作会社様へご連絡・ご確認をお願い致します。

よろしくお願い申し上げます。

アルファクリエイトのレンタルサーバサービスをご利用のお客様へ

2018年6月25日
アルファクリエイト株式会社
WEBソリューション部

平素はアルファクリエイトのレンタルサーバサービスをご愛顧賜り、誠にありがとうございます。
2018年、PHPとGOOGLEのサービス仕様の変更があり、御社のWEBサイトおよびサーバ運用に影響が出る可能性が出てきました。
下記の通り、案内いたしますので、ご確認くださいますようお願い申し上げます。

■PHP5.6のプログラムサポート終了について
PHP5.6の公式サポートが2018年末に終了する予定となっております。
WEBサイトでPHP5.6以下のプログラムをご利用の場合、すぐに不具合が発生することはありませんが、
サポートがあるPHP7.0以上に変更することを推奨いたします。
PHP7.0以上の導入のご相談は、以下までお気軽にお問い合わせください。

■SSL未対応WEBサイト警告表示について
2018年7月リリース予定のChrome68より、SSL証明書を導入していない全てのサイトで警告表示が開始されます。
今後、他のブラウザも追従する傾向があると見られており、まだSSL対応をしていないWEBサイトにつきましては、SSLの導入をご検討くださいますようお願い申し上げます。
SSLの導入のご相談は、以下までお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

  • ■ 電話番号/ 06-6445-8898
  • ■ 担当/営業部 春名 、 WEBソリューション部 岡